401kを導入しにくい従業員100人以下の企業向け
退職金制度(適格年金)見直しの高本博雄事務所
社会保険労務士・行政書士 高本博雄事務所
お問い合わせ 04-7132-6316 メールでのお問い合わせ
退職金コンサルタント
社会保険労務士・行政書士
高本博雄
HOME
事務所概要
退職金コンサルティング
相続支援ネット
改正高年齢者雇用安定法Q&A
掲載記事
小冊子
個人情報保護方針
プライバシーポリシー
リンク
 
HOME > 改正高年齢者雇用安定法Q&A > 制度を導入しないと何か問題があるの?

Q5 制度を導入しないと何か問題があるの?


A5 改正法は、制度を導入しない事業主に対する罰則は設けていない。
 制度を導入しないことに対する制裁的な企業名の公表はないが、情報公開法に基づく情報公開請求があった場合は、その具体的内容にもよるが、資料が存在する場合には、企業名が公開されることもあり得ると考えられる。

●公共職業安定所による指導・勧告も

また、改正法においては、事業主に制度導入を義務付けているものであり、個別の労働者の六五歳までの雇用義務を課すものではない。
したがって、制度を導入しない六〇歳定年制の企業において、本年四月一日以降に定年を理由として六〇歳で退職させたとしても、それが直ちに無効となるものではないと考えられる。しかし、適切な継続雇用制度の導入がなされていない事実を把握した場合には、改正法違反となるので、公共職業安定所を通じて実態を調査し、必要に応じて、助言、指導、勧告を行なうこととなる。
 直接的な罰則ではなにしろ、助言・指導・勧告を受けることは、自社従業員の会社に対する信頼を失い、ひいては社会的信用をも失いかねない。
義務化が決定した以上は、自社に適した措置を導入するのが社会の公器たる企業の責務である。             
(ファイナンシャルアドバイザー 平成十八年四月号掲載)


<< 前のページへ  ページTOPへ
退職金制度(適格年金)見直しの社会保険労務士・行政書士高本博雄事務所
主な対象地域:東京23区、柏市、松戸市、流山市、野田市、我孫子市、成田市、船橋市、市川市、浦安市、
習志野市、千葉市、市原市、鎌ヶ谷市、八千代市、取手市他
Copyright © 2006 Office Takamoto. All Rights Reserved.